その他のサービス

最新医学と東洋の伝統的医療を兼ね備えた専門家だからできること

同じ病気であっても、症状や容態、飼い主さまの考え方などによって、最善の治療法は変わってきます。当院は西洋医学の治療と東洋医学の治療の有効性を個別の症状から判断し、最良の治療を施します。

西洋医学と東洋医学の治療の効果を総合的に判断、個別、または組み合わせて、ペットの患者さん一人一人に合った医療を模索していきます。
さらに中獣医学やメディカルアロマテラピーなどの新たな選択肢を加えることで、より充実したホリスティックケアをご提供できるものと考えております。

トリミングサービス

当院では、治療の一環としてトリミングを行っています。ご自宅での頻繁な薬浴が困難だったり、年齢や病気を理由にトリミングサロンで断られたわんちゃんもご相談ください。ワンちゃんの性格や年齢、被毛や皮膚の状態、腫瘤の有無、関節の状態などを考慮しながらシャンプー・カットを致します。異常が見られた場合は飼い主様へ連絡し、ご希望があれば獣医師の診断・治療を受けられます。また、定期的にトリマーが全身に触れトリミングを行うことによって病気の早期発見にもつながります。 当院でのトリミングが初めての場合は診察後のお預かりとなります。
(他院で治療中の場合、緊急時の対応が出来かねるので、当院かかりつけの方へのサービスとさせていただいておりますことをご了承ください) 詳しくはお問い合わせください

ペットホテル・一時お預かり

飼い主様のご要望にお応えしペットホテル・一時お預かりをご利用いただいております。
病院に預けられる安心感、これまでも特に持病があって薬を飲ませている動物や、免疫力の低い子犬や子猫・高齢の子等、動物たちのストレスにも配慮しております。
ご予定がある場合には早めのご予約も受け付けておりますので、遠慮なくご利用ください。

お預かり価格(1日当たりの料金/1泊2日の場合は2日分の価格になります)

  • 猫: 2,200円(税別)
  • 小型犬(~7kg): 3,150円(税別)
  • 中型犬(7.1 ~ 18kg):  3,675円(税別)
  • 大型犬(18.1 ~ 40kg): 4,200円(税別)
  • 特大犬(40.1kg以上): 5,250円(税別)

ペットホテル/一時お預かりの注意事項

  • 1年以内に当院にて混合ワクチンが接種され、且つ1ヶ月以内にノミ/マダニの予防がされている。
  • お預かり、お迎えは診療時間内にお願いします。
  • 出来るだけ、普段の食事をお持ちください。急に食事内容が変わると、食欲不振・下痢などの原因となることがあります。ペットフードをご持参いただかない場合は、下記の料金が加算されます。1日当たり、猫/小型犬200円(税別)、中・大型犬400円(税別)、特大型犬500円(税別)
  • ホテルにてお預かり中は、排泄のための簡単な運動を行います。尚、不慮の事故を避けるため、お散歩の代行はいたしません。
  • お預かり中に病気が認められ治療が必要と判断された場合は、ご連絡の上、適切な処置をとらせていただく場合がございます。

メディカルアロマテラピー療法

「アロマテラピー」と聞くと多くの飼い主様は「香りをかいでリラックスする」というイギリス式アロマテラピーのイメージをもたれるかと思いますが、メディカルアロマテラピーはそれとは別のもの。
ベルギーやフランスを発祥の地とするメディカルアロマテラピーでは、精油(エッセンシャルオイル)を肌に塗布したり、精油を飲用することにより、風邪などの伝染性疾患や、ニキビ・アトピーのような皮膚疾患、睡眠障害・鬱病(うつ病)・不安症のような精神性疾患、消化器系疾患などさまざまな疾患の症状の改善を、早期に図るという治療効果を期待する療法です。当院では、アカラス(イヌニキビダニ)、認知症、ドライアイ、アトピー性皮膚炎などに高い治療実績があります。

石野院長のメディカルアロマテラピー研究

  • 1、メディカルアロマテラピーが犬の疼痛管理に与える影響
  • 2、メディカルアロマテラピーを用いた犬の認知症に対する治療
  • 3、犬のドライアイに対するメディカルアロマテラピーの効果
  • 4、アカラスに対するメディカルアロマテラピーの効果
  • 5、犬の外耳炎に対するパルマローザの効果

中国、台湾、韓国、マレーシアなどの獣医学会にて発表しています。

犬猫の椎間板ヘルニアと東洋医学治療

椎間板ヘルニアによる起立不能や疼痛を伴うペットが多く来院しますが、鍼灸や漢方を用いた治療をすれば必ず効果が出るわけではありません。
神経細胞は、椎間板ヘルニアの症状発症48時間以内に壊死が始ります。一度壊死した神経細胞は再生することはありません。つまり壊死した神経細胞は鍼灸治療を行っても再生はしません。多くの人方々が東洋医学に奇跡を求めて来院されますが、鍼灸治療は魔法ではないので、先ずは壊死しかけている神経細胞を保護するところから始めなければなりません。 当院では、開院27年の経験から独自のノウハウを用いて治療を行っています。

ペット鍼灸治療

鍼灸治療は足腰の痛みや痺れだけに効果があるように思われていますが、実際は慢性の下痢や嘔吐などの消化器病や、老齢性の痴呆や前庭疾患、てんかんなどの脳神経病、アトピーやアレルギーの慢性の皮膚病、がん、膀胱炎、腎臓病など西洋医学で治療するすべての病気に用いることができます。
また、鍼灸治療と漢方薬、西洋医学的治療と組み合わせることで、更なる効果を期待することができます。
当院では、特に椎間板ヘルニアの鍼灸治療には定評があり、これまでに数多くの治療効果をあげてきました。
鍼灸治療を中国で学び、日本で普及した当院だからこそ安心して任せられます。

石野院長の鍼灸に関する著書

  • 『ペットのための鍼灸マッサージマニュアル』(医道の日本社)
  • 『中医学から学ぶ犬と猫の鍼灸マッサージ』 (緑書房)
  • 『日中英版 犬と猫のツボアトラス』 (漢香舎)
  • 『国際中獣医学院日本校主編 小動物臨床経絡経穴自習帳』 (漢香舎)
  • 『 18個のツボで行う犬の椎間板ヘルニアにおける鍼灸治療』 (医薬情報研究所)

ペットレーザー鍼治療

当院では、最新の半導体レーザー治療器により無痛のレーザー鍼治療を行っております。医療用レーザー光線をツボに照射することによりツボを刺激したり、炎症疼痛を緩和し、機能の低下した細胞を修復したり、活性化しその効果を発揮します。神経質な性向、鍼を怖がる、暴れるなどの心境治療が難しいペットにも対応できます。

石野院長のレーザーに関する学会講演

かまくら げんき動物病院における中獣医レーザー鍼療法の実際
(2019年6月2日 台湾嘉義獣医師会、中華亜太小動物中医学会合同学会)

ペットマッサージ

動物が母親から産まれて、母親が一番はじめに行う行為は「子供を舐める」ことです。
この行為を「リッキング」といいます。
乳牛による実験によると、母牛が出産後に子牛をリッキングした場合、リッキングされなかった子牛の4倍以上も免疫力が向上しました。
また、最近の調査では、マッサージをされた犬は、幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンというホルモンが多く分泌されることもわかっています。驚くことに、マッサージをした人間の方がもっと多くのオキシトシンが分泌されたということです。
ペットマッサージを通して、人も動物も健康で幸せな生活をおくることができるよう、当院ではお手伝いをしてます。
石野院長は一般社団法人 日本ペットマッサージ協会の理事長、相澤副院長は同協会の理事を長年にわたって務め、数多くの著書を執筆しています。

著書

  • 『ペットのための鍼灸マッサージマニュアル』(医道の日本社)
  • 『中医学から学ぶ 犬と猫のための鍼灸マッサージ』 (翻訳 緑書房)
  • 『犬のツボ押しBOOK 』 (医道の日本社)
  • 『猫マッサージ』
  • 『癒し癒される猫マッサージ』 (実業の日本)など

その他のナチュラルケア

ホメオパシー、フラワーレメディー、ホルミシス療法(低レベル放射線療法)