新着情報

当院の歯周病検査

キャンペーン当院からのお知らせ


当院に来院する動物が一番多く罹患している病気が歯周病です。

歯周病はただ単に歯肉の炎症だけでなく、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)を溶かす病気です。

当院の石野院長は、一般社団法人 日本ペット歯みがき普及協会

の理事を務め、【1530(イチゴサンマル)運動】(15歳までに30本以上の歯を残そう)

という取り組みを行い、10年後には日本のペットの歯周病をゼロにしようという活動を

すすめています。

 

※人間では厚生労働省が推進している【8020(ハチマルニマル)運動】があります。

当院では、常時、歯周病健診を行なっています。

 

また、当院では歯周病をただ単に治療するだけでなく、歯周病の予防にも力を入れており、

歯周病になりにくいケア、歯周病の見える化にも\取り組んでいます。

定期的な歯周病検査を行い、動物の状態に合わせたケア方法をご提案しています。

写真は麻酔下での歯科レントゲンです。

重度の歯周病により、歯を支えている歯槽骨(顎の骨)が溶けています。